はじめに

開業医の成功例と失敗例は数多くありますが、診療科目によって事例の特徴が少し違ってきます。

今回は小児科開業の事例についてお話しますが、小児科の成功と失敗の事例にも特徴があります。

特に小児科の開業医の先生は、ある層を敵に回してしまうと、致命的です。

もしかしたら、この記事の事例のように取り返しのつかないことになるかもしれません。

小児科での開業を検討されている先生は、必ずご覧になっていただきたいと思います。

【小児科開業失敗事例①】最高の立地条件で自己破産した小児科のクリニック

小児科開業の成功ポイントを語るには、まずは小児科開業の失敗事例をいくつか紹介した方が早いでしょう。

ということで、まずは廃業、倒産に追い込まれた小児科の事例を紹介していきたいと思います。

まず最初は、東京郊外で開業した小児科医の事例です。

この小児科医は近くの病院で長く勤務医として働いていましたが、激務続きで疲弊し、開業することにしました。

そこで開業コンサルタントに事前準備や手続き、物件探し、資金調達、人員確保、医療機器の手配といったことをお願いしました。

その開業コンサルタントの良かったところは、とても良い物件を選んでくれたことでした。

最寄り駅から徒歩2分という好立地で、しかもわかりやすい場所で、絶対に道に迷うようなことはないような場所でした。

その代わり、開業資金はやや高めでしたが、その甲斐があって、開業当初は患者さんが来てくれました。

スタートとしてはかなり順調で、この小児科のクリニックは成功するかに見えました。

しかし、その後、どういうわけか患者の数が減っていったのです。

その影響で、赤字が続くようになり、人件費や開業資金の返済でキャッシュフローが圧迫されていきました。

小児科医は「なぜだ!最初はあんなに順調だったのに!」と焦り、開業コンサルタントに相談します。

開業コンサルタントはこのように答えます。

「広告出しましょう。インターネットで広告出したり、チラシを撒いたりしましょう。看板立てるのも良いですね」

しかし、この読みは完全に外れていました。

原因は他のところにあったのですが、その開業コンサルタントは見抜くことができませんでした。

集患に困ったら「広告出しましょう」は短絡的な発想としか言えません。

結果として、莫大な広告費を無駄にしただけで、小児科のクリニックは経営がますます苦しくなりました。

では、いったい何が悪かったか。それはクリニック内の雰囲気を見れば一目瞭然でした。

この小児科医は、よくスタッフにキレて怒鳴る人でした。

「なんでこんなこともできないんだ!」

「何度言ったらわかるんだ!」

がこの小児科医は口癖になっていました。

しかも後から小児科医が慰めるようなこともしません。ただ感情的に怒っているだけです。

だから、小児科のクリニックなのに、院内の雰囲気はどこか暗く、スタッフも看護師も覇気がありません。

スタッフ間で会話もほとんどありませんし、スタッフも看護師も子供に対して無愛想です。

覇気がないので、子供に対してまともな対応をする気力がないのです。

笑顔を見せずに、対応も雑。

これを見た小児科医は、「こんなだから患者が来ないじゃないか!」とイライラを募らせていきます。

そしてイライラを我慢できず、患者である子供と母親のいる待合室で怒りを爆発させていました。

これを見た子供、そしてお母さんはどのような気持ちになるか、言うまでもありません。

「ここにはもう、2度と来ない」と他の小児科に通うようになります。

ターゲットが小さな子供を持つお母さんである小児科にとって、お母さんの評判を落としたり、敵に回すことは致命的です。

ママさんといえば、何と言っても口コミで噂を広めてくれます。

良い噂も、悪い噂も。

この小児科クリニックは、ママさんの口コミを通して、あっという間に悪い噂が広まってしまいました。

失ったのは患者ばかりではありません。

スタッフや看護師に対して、極度のストレスを与え続けた小児科医。

毎日のように、しかも患者の目の前で怒鳴り散らして、働き続けたいわけがありません。

あっという間にオープニングスタッフ全員が退職しました。

患者もスタッフもいなくなった小児科医は、借金を返しきれずに自己破産しました。

今はどうしているかわかりません。お金だけでなく人望も失っているので、誰かが助けるとも思えません。

小児科開業失敗事例②キッズスペースが逆効果に

もうひとつの小児科の開業失敗事例を紹介します。

とある大学病院で小児科に勤務していたA女医。

もともとA女医は子供が大好きなので、小児科医は性に合っていました。

子供の笑顔が大好きなA女医は、

「いつか自分の手で、もっと子供もお母さんも喜ぶような病院を開業したい」

という夢を叶えるべく、小児科のクリニックを開業することにしました。

このA医師の理念に共感した開業コンサルタントは、

「クリニック内でキッズスペースを入れたらどうか」と提案します。

小児科といえば、キッズスペースを設置するかどうかは、開業時の課題となります。

ただママと子供の笑顔が見れるクリニックにしたいと思っていたA女医にとって、キッズスペースを設置しない理由はありませんでした。

しかし、これがA女医の運命を大きく狂わせてしまいます……。

クリニック開業後、当初はたくさんの患者さんが来てくれました。

小児科に来るのは子供とママさんです。

女性で、しかも子供好きのA女医に対する安心感もあって、A女医のクリニックの評判は上々。

A女医は、先の小児科医と違って朗らかな性格で、スタッフと看護師との人間関係も比較的良好でした。

ただ、その割にはスタッフや看護師のストレスはかなり溜まっているようでした。

決してクリニック内の雰囲気は明るいとは言えません。

しかもなぜか、患者さんの数が徐々に減っていってしまいます。

最初は順調かと思えたクリニック経営。売上はどんどん失速していきました。

悪化の原因は、A女医が思いを込めて設置したキッズスペースでした。

キッズスペースで遊んで騒いだり、ケンカして泣きわめく子供で1日中うるさいのです。

スタッフが患者さんを呼ぶ声が聞こえないほどです。

だからママさんからクレームも発生するようになりました。

スタッフがストレスを抱えていたのは、ギャン泣きする子供の対応や、ママさんからのクレーム対応だったのです。

次第にキッズスペースに対して、ママさんだけでなくスタッフや看護師からも不満が上がってきます。

しかし、子供の遊ぶ姿が好きなA女医は当初キッズスペースをなくそうとは考えませんでした。

A女医がこの問題が深刻だと気付いたのは、売上が失速してからでした。

悩んだ末にA女医は、泣く泣くキッズスペースを撤去しましたが、もう手遅れでした。

クリニックの悪評がママさんたちに広まってしまっていたのです。

失速した売上を取り戻すことなく、A女医は自己破産しました。

子供もママさんも笑顔になるクリニックを作るという、A女医の崇高な理念は、結果としてクリニックを破滅に追いやりました。

ただ、後述しますが「子供もママさんも笑顔になる」という理念を貫く方法は、他にもあったはず。

A女医は早くそのことに気づけば、なんとか立ち直ったかもしれません。

小児科の運命を左右するママさんの口コミ

2つの小児科のクリニックの失敗事例を紹介しましたが、どちらも破滅のトリガーとなったのはママさんの口コミでした。

小児科のターゲットは、当然小さなお子さんを持つママさんになります。

ママ友などのコミュニティを想像すればわかりますが、ママさんの口コミの影響力はかなり大きいです。

ママさんは、日頃からあらゆることにコミュニケーションを多くとっています。

ですから、良い噂も悪い噂もあっという間に広がります。

たぶん、悪い噂のほうが広がりやすいでしょう。

ママさんに「二度とこのクリニックに来ない」と思われたら最後、悪評はどんどん広まってしまいます。

小児科の成功の秘訣は、ママさんの信頼を勝ち取ることです。

小さなお子さんを持つママさん、しかも病気のお子さんを連れてくるママさんが何を求めているのか、というマーケティング視点は必須です。

小さなお子さんの目の前でスタッフを怒鳴るなんて問題外。

ママさんのクレーム対応を先延ばしにするのもだめ。

ママさんを不快にさせたら、あっという間に患者は遠のいてしまいます。

小児科にキッズスペースは必要か?

小児科や、小さな子供をターゲットにした歯科医院にとって、キッズスペースの設置は悩みどころです。

子供が喜ぶ雰囲気作りとしてキッズスペースは有効ですし、実際にキッズスペースの有無で小児科を選ぶママさんもいるでしょう。

しかし、キッズスペースには先に書いたようにデメリットもあります。

実際に、最近の小児科の開業では、キッズスペースを設けることは少なくなっています。

子供同士がケンカしてケガをしたり、院内感染を防止するためです。

こういったことを最も心配するのはママさんです。

おそらく、先のA女医のクリニックも、そういった危惧がママさんのなかであったのではないかと思われます。

また、キッズスペースを設けなければ、その分開業コストは安くなります。

最近では、キッズスペースの設置より、インターネットの順番待ち予約システムの導入など、待ち時間の短縮に力を入れている小児科が多いです。

クリニックでの待ち時間は、お子さんにとってもママさんにとってもストレスです。

しかも、ママさんは待合室などでの感染を非常に心配します。

院内感染予防の工夫は欠かせません。ですから隔離室の設置なんかも検討したいところでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

小児科はママさんの満足度が、成功か失敗かを大きく左右するのがわかったかと思います。

小さなお子さんを持つママさんの価値観は、自分よりも子供に向いていることの方が多いです。

ですから、ママさんが持っている子供に対する心配や不安について、しっかりと対応していく姿勢が必要です。

また、ママさんは感性で判断される方も多いです。

小児科医の先生の腕は当然重要ですが、クリニック内の雰囲気作りもママさんの評判を大きく左右します。

そして、なんといってもママさんの口コミの影響力はとても大きいです。

ママさんとの信頼関係の構築が、小児科成功の秘訣なのは言うまでもありません。

ご相談・お問い合わせ

お問い合わせはこちらから

                       

こちらの記事を読んだあなたへのオススメ