はじめに

医院・クリニックの院長先生にとって、スタッフとの人間関係は悩みの種です。

「職場満足度調査」などでスタッフのクリニックを辞めたい理由を調査すると、半分以上は人間関係が原因だったりします。

クリニックに限った話ではないですが、人間関係が悪く、院内の雰囲気が悪くなれば、給料が良くてもスタッフの離職率の増加に繋がります。

せっかく採用したスタッフが数ヶ月で辞めてしまうと、それまでの人件費や教育にかけた時間が無駄になり、大きな損失です。

スタッフとの人間関係を悪化させる要因は早期に解決し、人間関係を良好に保てるようにしていきたいものです。

スタッフとの人間関係が良くなれば、スタッフ全員のモチベーションが上がるので生産性も上がり、長期的な売上アップに繋がります。

そこで今回は、医院・クリニックのスタッフ間の人間関係で注意したい5つのポイントについてお伝えしていきます。

特定のスタッフに対して「えこひいき」してませんか?

院内の雰囲気がギスギスしたり、スタッフ間の人間関係が悪くなっている原因は、院長先生自身が作り出している可能性があります。

というのも、知らないうちに特定のスタッフに対してえこひいきしていませんか?

特定のスタッフにだけ待遇を良くしたり、人によって明らかに態度が違っていたり。

院長先生のえこひいきは、思った以上に周囲はすぐに察知して、不公平感、そして不信感につながります。

改善しなければ、スタッフ間で不満を募らせることになり、クリニック内の雰囲気は急速に悪化します。

院長先生のえこひいきが原因で、優遇されたスタッフが他のスタッフから白い目で見られ、気まずくなることも考えられます。

最悪、院長先生が優遇していたスタッフが辞めてしまったり、不満を募らせたスタッフが大量離職することもあり得ます。

もともと医療機関のスタッフや看護師の定着率は高くないですから、このような事態になっても不思議ではありません。

そして実際に医療機関では大量離職のようなケースはよく耳にします。

こういった最悪の事態を避けるには、普段から院長先生がスタッフに対して気を配ることが大切です。

例えば、

  • 各スタッフとの会話の回数を意識して、偏りがないようにする
  • スタッフに話しかけるときは口調を統一する
  • 常に笑顔を絶やさず、スタッフによってあからさまに態度を変えない
  • 各々のスタッフの性格に合わせたコミュニケーションを考える

また、えこひいきしないことも大事ですが、優秀なスタッフに対する正当な評価が、えこひいきと誤解されないようにすることも大切です。

正当な評価をしたつもりが、スタッフは「不公平だ。なんであの人ばかり」と感じてしまうことは珍しくありません。

これを防ぐためには、スタッフも納得できるような人事評価制度をスタッフと一緒に作っていくのも有効でしょう。

また、全員を公平に扱うという姿勢よりは、一人ひとりのスタッフを大事にしていることを示すことが重要です。

個人面談などで、スタッフが悩んでいること、不満や不安などを聞いたりして、密な関係を保つようにしていきましょう。

「うちの院長は◯◯に対してえこひいきしている」

と思われている時は、だいたい院長先生とスタッフとのコミュニケーションが希薄になっていることが多いです。

院長先生が自ら、スタッフに対して「一緒に地域医療に貢献する仲間」という意識を持って接していれば、このような事態は避けられるでしょう。

スタッフや看護師間で生まれる派閥を避けるには?

医院・クリニック内の人間関係に亀裂を生む原因の1つに、スタッフ間で生まれる派閥があります。

職場という狭い空間、特に女性の多い職場ではスタッフ同士で派閥が生まれやすいです。

派閥同士の対立、派閥から漏れたスタッフの孤立……。

閉鎖的な職場空間で生まれる派閥は基本的に百害あって一利なしです。

お互い足を引っ張りあったり、孤立したスタッフを罵倒したり。

こういった派閥を放置すれば、当然スタッフは働くのがつらくなり、離職率の増加に繋がります。

しかも辞めていくのは派閥を生んだ本人ではなく、孤立したり、このような職場に生きづらさを感じたスタッフです。

ですから、スタッフ間の派閥をなくさない限り、新しいスタッフを採用しても、結局次から次へとすぐに辞めていくでしょう。

さらに最悪の結果、対立している派閥のどちらかが反旗を翻して大量離職に繋がることも十分考えられます。

つまり、スタッフ間の派閥は、ギスギスした雰囲気を生むだけでなく、経済的に大きな損失に繋がるので放置してはいけません。

とある歯科医院でも、スタッフ間の派閥間の対立により、院内の雰囲気が急速に悪化していました。

このままではいけないと感じた院長は、次の抜本的な改革を行いました。

  • 対立しているスタッフたちに、敢えて同じ仕事を割り振る
  • スタッフの潤滑油となるように心がける
  • 飲み会や食事会などでは、派閥に関係なくスタッフ同士が交流できる工夫をする

派閥で対立しているスタッフに同じ仕事を割り振ったりすることは勇気のいることかもしれません。

かえって仕事が進まなくなることも考えられます。

しかし何もしなければ、スタッフ間の派閥は解消されません。

同じ仕事を割り振ることで、コミュニケーションの機会が生まれたりします。

最初はギスギスしたみたいですが、そういったときに院長先生が潤滑油になるように間に入ったことで何とかなりました。

また、飲み会や食事会なんかも、院長先生が真ん中に入って敢えて違う派閥同士で会話が盛り上がるように配慮しました。

そうすることで、うつ病寸前のスタッフが続出していた歯科医院は、見事に派閥を解消させ、院内の雰囲気は劇的に良くなりました。

なれなれしいスタッフにはどう対応する?

院長や目上のドクターに積極的にコミュニケーションを図るスタッフは一見すると好ましい姿に映ります。

しかし、なかには度を超えてなれなれしい態度で接するスタッフも少なくありません。

こういったスタッフはまず、他のスタッフから「なれなれしくて気持ち悪い」「媚びてる」と嫌悪感を抱かれます。

それだけならまだしも、話しかけられている院長先生が、えこひいきしていると映ってしまう可能性があります。

先に書いたように、えこひいきしてなくても、えこひいきと誤解されることは避けないといけません。

気持ち悪いぐらいなれなれしいスタッフの存在は、人間関係の亀裂、院内の雰囲気の悪化を生んでしまいます。

しかし、こういったなれなれしいスタッフに対して、冷たく突き放したり、怒鳴ったりするのはタブーです。

こういったなれなれしくて媚を売るスタッフほど、機嫌が悪くなると逆にトラブルを生んだりするものです。

では、どのようにしていったら良いかというと、

  • ほかのスタッフと話をするときと変わらない態度を保つ
  • 仕事のやりとり以外では2人きりで話をするのを避け、他のスタッフを交える
  • 相手の調子に合わせず、ときには受け流したりもする

「うるさい!」と冷たく突き放してはだめですが、付かず離れずの態度を取るのは全然構いません。

ほどよい距離を取るようにすることで、スタッフの態度も自然と改まっていくでしょう。

もちろん、なかなか態度が改まらないスタッフに対しては、毅然とした態度を取ることが重要です。

職場環境に対する方針をきちんと発信する

院内の人間関係を良好にし、雰囲気を良くすることは、クリニック内のストレス緩和や離職率の低減には必須事項です。

しかし、こういった院内の雰囲気について、方向性を明確に発信しているクリニックの院長はかなり少ないです。

明確な方向性を持つとは、例えば「具体的には批判や愚痴を許さない」「疑問に思ったことは自由に発言して良い」といったことをスタッフに明確に伝えることです。

このような人間関係や職場環境に関することは、「言わなくてもわかるだろう、小学生でもあるまいし」と口に出さない方が多いです。

しかし、人間関係や職場環境に対して明確な発言をし、院内に浸透させることは思いのほか重要です。

多くの人間関係に悩む医院では、誹謗中傷をしたり、誰かの足を引っ張ったり、派閥を作って誰かを孤立させたりしているのです。

このような最悪の雰囲気を打破するためには、院長先生が自ら会議などで方針を明確に伝えるしかありません。

会議だけでなく、毎日毎日言い続けるのです。

定期的に、一部のスタッフに対してコミュニケーションスキルやコーチングを学ばせるのも良いでしょう。

そうすることで、徐々にスタッフの意識が変わっていきます。

批判や愚痴ではなく、建設的な意見を出し合うスタッフが増えたり、お互いを尊重し協力し合う雰囲気が醸成されていきます。

おそらく、1~2年もすると、院の雰囲気は全然違ってくるのではないかと思います。

スタッフの笑顔が増えたり、協力しあって仕事する姿は、患者さんも案外すぐに察知します。

ですからスタッフの人間関係が改善されると同時に、先生のクリニックの評判も良くなり、売上の安定にも繋がっていくでしょう。

意外とクリニックの人間関係を左右するスタッフルーム

最後に、クリニックで働く人の憩いの場となるスタッフルームについてお伝えしたいと思います。

というのも、スタッフルームを単なる休憩所と考えるのはちょっともったいないと感じているからです。

スタッフルームは、クリニックの人間関係改善、スタッフのモチベーション向上には意外と大事だからです。

医院・クリニックで働くスタッフは、患者さんの健康や命に関わる仕事に携わっているため、日常的に緊張を強いられています。

そういうときに重要な役割を担うのがスタッフルームです。

スタッフルームで、こうした緊張をほぐし、ストレスを緩和すれば院内の雰囲気の悪化を防ぐだけでなく、業務効率のアップも図れます。

例えば大阪府池田市にある内科クリニックでは、スタッフルームにアロマコーナーを設置しています。

アロマコーナーに癒され、疲れた体や緊張した体をほぐしていくのです。

その結果、スタッフの笑顔が増え、患者さんからも「スタッフが明るい」と評判になったそうです。

そして、これまで多かったスタッフ間のトラブルも少なくなり、人間関係が良好になっていったとのこと。

スタッフルームに、こういったリラクゼーション効果を高めることで、院内の雰囲気が良くなることもあります。

もちろん、方法はアロマを炊くことだけではありません。

ゆったりしたソファやリクライニングチェアを設置しても良いでしょう。

スタッフルームには、「スタッフ同士が交流できる貴重な場所」という側面も忘れてはいけません。

ですから、物に溢れていて、雑然としていて話に集中できないというのは、極力避けたいものです。

整理整頓したうえで、大きめの机を設置し、ソファやリクライニングチェアを設置し、話ができる雰囲気があると良いでしょう。

このように整備されていれば、スタッフルームでちょっとしたミーティングしたり、昼食を取ったりもできるので、スタッフ間の交流機会が増えるでしょう。

スタッフルームは重要視されないことが多いのですが、院内の雰囲気を良くするには、結構重要な役割を担っているのです。

まとめ

今回は、医院・クリニックのスタッフ間の人間関係の注意点についてお伝えしました。

  1. 特定のスタッフにえこひいきしない。またえこひいきしているように誤解されないこと。
  2. スタッフ間の派閥は百害あって一利なし。すぐに解消すること。
  3. なれなれしいスタッフには、付かず離れずで接すること。
  4. 院長自ら、職場環境や人間関係について明確な方向性を出すこと。
  5. スタッフルームの活用を軽視しない。

院内の人間関係や職場の雰囲気は、クリニックの運営やメンタルヘルスに大きな影響を及ぼします。

人間関係を良くすれば、クリニックで働くことにやりがいを見出し、生産性が高まり、安定した売上に繋がります。

ぜひ、今回お話したことを1つでも取り入れて、クリニック内の人間関係の向上を図っていってほしいと思います。

ご相談・お問い合わせ

お問い合わせはこちらから

                       

こちらの記事を読んだあなたへのオススメ