はじめに

内科の開業医の年収は約2500万円程度と言われています。

5年から10年ほど勤務医として働いた後に開業する方もいますが、長期間勤務医として勤務をし続ける方もいます。

内科医の数としては、全国に7万人程度いると言われていますが、ここ10年ほどで3000人ほど減ったようです。

人口当たりで比較していくと、四国や近畿などの西日本に多く、首都圏・東北・東海などで少なくなっています。ただ東京は全国10番台と、それなりの人数の内科医がいるようです。

勤務医の年収との比較

内科の勤務医の年収もそれなりに高いものの、一般的な医師の年収イメージからするとそこまで高くはないようです。

研修医時代の年収は600万円程度、修了して2・3年目の駆け出しの医師で800万円から900万円程度、30歳くらいで1000万円を超え、35歳くらいで1200万円から1300万円程度、40歳で1500万円くらいに届くかどうかです。医師全体の平均で考えると1400万円弱程度となります。2000万円を超える年収の勤務医の方もいますが、全体の1割いるかどうかで、さほど多いという訳ではありません。

勤務医経験10年くらいで1500万円程度の年収となりますので、一般的な医師の年収というイメージほどは高くはないと言えます。

内科の都道府県別の開業医の年収

都道府県別の開業医の年収自体のデータがないので現在調査中です。

ただ、医師全体の年収で見ると、岩手や宮城などの東北地方が高く、富山や福井などの北陸地方で低めになっています。医師の需要度や医師の平均年齢が高い地域では、比較的年収が高い傾向にあるようです。

サラリーマンや自営業者などの年収の高い東京・大阪・神奈川・愛知なども決して高い方ではありません。一般人が稼げる地域=医師が稼げる地域という構図は基本的に当てはまりません。

開業には少なくても5000万円程度はかかりそう


開業医として病院の勤務医から医院を開業するとなると少なく見積もっても5000万円、普通に考えると7000万円から8000万円程度かかりそうです。

開業するとなると土地や建物などの箱物が必要になります。また検査器具や診察用具などの医療機器一式もそろえなければなりません。

もちろん、看護師などの専門家も必要になります。それでも手が足りずに家族などに受付や会計などの事務を手伝ってもらう必要が出てくるかもしれません。

もし開業コンサルタントなどに開業サポートを頼むと、さらに500万円から1000万円程度の資金がかかります。

開業医になると経営者になります。最初は銀行からの借り入れも必要になります。ある程度医院が稼げるようになってもスタッフの給料と借り入れの返済で、開業医自身の報酬がほとんど手元に残らない可能性も高くなります。

勤務医時代と変わらず忙しいにもかかわらず、年収は勤務医時代の数分の1になってしまう方も多くいるのではないかと思われます。

実際に都市部の開業医は、開業後2年から数年で医院をたたんでもう一度勤務医に戻ってしまう方も多くいます。

開業をするにはかなりの決心と覚悟が必要になります。

内科医師は激務

内科医師は全体的に激務と言われています。特に患者の急変がある胃腸などの消化器を扱う消化内科はかなり忙しく、一方、循環器科・呼吸器科・泌尿器科となると、そこまでは忙しくはないようです。

ただ高齢化社会ということもあって、内科の患者は年々増加する傾向にあり、どの科も基本的に忙しいといえます。

また地方では都市部よりも医師の数が少なく、また平均の拘束時間が長く、大変な様子がうかがえます。

地方は都市部以上に高齢化社会が進んでいますので、ますます病院を必要とする方が増えてくることは目に見えています。地方の医師不足問題の解決に取り組む必要があるでしょう。ただ一人の医師ができる診療には限界があり、難しい問題です。

ご相談・お問い合わせ

お問い合わせはこちらから

                       

こちらの記事を読んだあなたへのオススメ