はじめに

産婦人科の開業医の年収はおよそ2600万円から3000万円程度といわれています。2600万円という年収は魅力的ですが、他の科に比べると高くありません。さらに産婦人科は小児科同様に医者の成り手が多くありません。現在毎年のように日本の出生数は減少していて日本の赤ちゃんや子供の数は毎年のように減少しています。それでもまだ産婦人科医は足りないと言われています。産婦人科は地味な上にとても激務で有名な科なのでもともとなりたいという方は多くないのかなという気がします。

さらに産婦人科の医師は妊娠さんの出産が続く限り医師は休むことができません。1日に数時間くらいの仮眠しか取れないこともざらにあります。年収はそこそこ高いもそれをはるかに超える長時間労働があると思っていただいてほぼ間違いのない状況といえます。

産婦人科は女性医師の割合が高くなっています。妊婦さんにとっては当然のことですが女性の産婦人科医の方が診察を受けやすいという面もあります。ただ最近産婦人科のリーダー医師は女性でもサポートに男性医師などが入るチーム制を採用する産婦人科チームが多くなってきています。産婦人科も個人の医師が行うのではなくこれからはチームで行う時代が来るかもしれません。

また開業資金も産婦人科で8000万円程度がかかりそうですので安易に参入がしやすいという分野でもありません。成り手が増えないため参入障壁も高くはありませんが、今後も産婦人科の開業医・勤務医が増えるということはあまり期待できそうもないのかなという気がします。

勤務医の年収との比較

産婦人科の勤務医の年収は年齢そして経験に比例しています。20代の方の多くは年収1000万円未満のようで600万円未満の方が多くなっています。ただ30代になってくると年収1000万円以上の方が半数以上出てきます。中には1500万円以上の方も出てきます。40代になるとほとんどの方が1000万円以上になって2000万円近い方も半数程度出てきます。50・60代になっても年収に大きな変化はありません。

産婦人科の場合は経験の少ないうちは年収が少なくなっています。ただ年齢と経験を経れば勤務医としての年収は上がって行くことになります。産婦人科は人材が多くありませんのでニーズは高い傾向にあって必然的に年収は上がっていく傾向にあります。多くの病院で産婦人科医を必要としていますしそれなりの経営をしているところであれば年収を出す病院が多くなっています。ただそれ以上に激務といえますので注意が必要です。

産婦人科の場合は医学部を卒業後に研修医を数年ほど経験して勤務医になります。そこから勤務医を5年から10年ほど行って開業する方もいますが、長期間勤務医として勤務をし続ける方もいます。産婦人科では勤務医として自分の考えと病院の考えが異なること・仕事と年収がなかなか見合わないこと・あとは先輩医師や看護師などのスタッフの方との人間関係を解消したいなどの理由で開業をする方が多いようです。

産婦人科の地域別の勤務医の年収

地域別では北海道・東北などの北日本と関東や関西などの都市部で産婦人科医の勤務医の年収は特に高くなっています。北海道・東北は若い医師が少なく医師の高齢化状態が深刻にとなっていますので当然ながら勤務の年収は高く成ることが予想されます。また関東や関西などの都市部では若い女性も多く出産をする方もそれなりにいます。それに比較して産婦人科医が不足しているということが年収を上げている要因になっているものと思われます。それに比べて東海地方や北陸などの中部地方は地元へのリターン就職を強く推している地域でもありますので医師が地元に戻る方も多いのかなという気がしますのでそこまで勤務医の年収は高くありません。

明らかに九州地方の産婦人科の勤務医の年収が低くなっています。九州地方・特に鹿児島や沖縄の出生率は全国トップクラスになっています。この地域は産婦人科医がある程度充足していることそして住民も含めた地域ぐるみで出産というものに対して向き合っているところといえます。ですので北日本地域や都市部と比較しても出産への悩みが小さくなっています。地域ぐるみで仕組みのできている地域といえますので医師の年収をそこまで上げなくてもいいのかなという気がします。

産婦人科医の医療施設毎の勤務医の年収

産婦人科の医療施設ごとの勤務医の年収は大学病院などの大病院では若い方ほど年収が低く年齢や経験を経れば年収が高くなります。半数以上の方は年収1500万円以上になっています。ただ年収600万円以下の方もいます。クリニックも同様な感じになっています。民間の一般病院が最も年収が高くなっていて大半が1000万円以上になっています。おそらく新人などの若い医師は大学病院などの大きな組織で働くので年齢と経験を経た方が一般病院などに行くのかなと思われます。そうなってくると一般病院勤務の産婦人科医の年収は必然的に高くなります。

産婦人科の男女別の勤務医の年収

産婦人科医は女性が半数を少しだけ上回っているとのことです。女性医師が圧倒的多数だと思っていたのですがそうでもないようで50:50近いようです。年収は男性医師の方がやや高いようですが年齢を経るごとに年収が高くなっているということは間違いなさそうです。

産婦人科は成り手が少ないので経験をしていけば年収が上がります。また参入障壁もさほど高くないので開業もしやすいと思われます。ただ医師や看護師などのスタッフの確保が難しいかもしれません。悩みどころになりそうです。

産婦人科の都道府県別の開業医の年収

都道府県別の開業医の年収自体のデータがないので現在調査中です。ただ医師全体の年収で見ると岩手や宮城などの東北地方が高く、富山や福井などの北陸地方で低めになっています。医師の需要度の高い地域や医師の平均年齢が高くなっている地域の年収が高くなっているのかなという感じがします。

サラリーマンや自営業者などの年収の高い東京・大阪・神奈川・愛知なども決して高い方ではありません。一般人が稼げる地域=医師が稼げる地域という構図は基本的に当てはまりません。

ただ皮膚科の場合は他の科と異なって、東北地方の年収が低めで関東地方の年収は高めになっています。

産婦人科開業には8000万円程度かかります。

病院の勤務医から産婦人科を開業するとなると少なくても8000万円程度かかります。少し余裕をもって1億円程度は用意しておかなければいけません。

開業するとなると土地や建物などの箱物だけで少なくても2500万円から3000万円くらいかかります。また妊婦さんのお腹の状態を診る超音波診断装置やX線撮影検査器具などの診察器具や内診台や診察用ベッドさらに待合室の椅子や受付カウンター、電子カルテなどの医療用具一式もそろえる必要があります。

そこに医師をサポートする看護師などの専門家も必要になります。受付や会計などの事務スタッフも必要です。備品だけでなく人的な面での整備をする必要も出てきますのでコスト面もしっかりと考えておく必要があります。

開業医になると経営者になります。最初は銀行からの借り入れも必要になります。ある程度医院の売上が上がってきてもスタッフの給料と借り入れの返済で開業医自身の報酬がほとんど手元に残らない可能性もあります。

勤務医時代と変わらず忙しいにもかかわらず、年収は勤務医時代の数分の1程度もしくはそれ以下になってしまう方も多くいるのではないかと思われます。

実際に都市部の開業医は、開業後2年から数年で医院をたたんでもう一度勤務医に戻ってしまう方も多くいます。開業をするにはかなりの決心と覚悟が必要になります。

産婦人科は妊婦さんにどう寄り添うか

産婦人科医にとって大事なことは妊婦さんに対して適切な言葉をかける。デリカシーのないことは絶対に言わないなどのまず医師として当たり前のことを当たり前にできるかということが大事になってきそうです。この面から見ても男性医師よりも女性医師の方が適性的に合っているような気がします。妊婦さん特に初産の方は初めての妊娠出産ということもあって精神的に不安定な時期を過ごすことになります。そのような時に大事なことは基本的な助言と的確なアドバイスです。この面で産婦人科医は女性の方が適しているのではないかと思われます。

産婦人科の場合は妊産婦の口コミを大事にすると良さそうです。女性の口コミは良くも悪くも噂が回ります。しっかりとフォローをしてヤングママさんに信頼されるような医師になることが重要です。自らで医院を開業するとなるとこの部分がさらに重要になりそうです。

それだけでなく子宮がんや乳がんなどのがんの検査や予防も行うことも大事になります。妊娠で子宮頸がんや乳がんが分かるなどのこともまれにあります。出産か母親の命かという究極の選択もまれに来ます。がんの種類によっては難しいものもありますので一概に子供を諦めるようにとも言いにくいところもあります。この判断もすごく難しいところかなといえます。

出産で命を落とす方もわずかながらにいる。日本でもまだ年間50人から60人が出産で命を落とすようです。ごくまれなケースですが実際にこのような悲劇が起きているということを考えると命を軽く見ることはできません。産婦人科は忙しいという大変さのある科なのですがここは慎重に行っていただきたいものです。

産婦人科科は妊婦さんとお子さんの命を扱う現場で激務も加わってとても大変な仕事だと思われます。さらにそれを取り仕切る開業医ともなると責任はより大きくなります。それでもやりがいのある仕事といえます。産婦人科はママさんの口コミが上手く行くと経営が軌道に乗りやすいともいえますのでこの部分を特に大事にしていただきたいと考えています。

ご相談・お問い合わせ

お問い合わせはこちらから

                       

こちらの記事を読んだあなたへのオススメ