はじめに

小児科の開業医の年収はおよそ3000万円程度と言われています。お子さんの場合はお母様が何かといえば病院やクリニックに行く傾向が強いのでお子さんの多い地域で開業をすれば高収入の芽が出てきます。

ただそう簡単には甘くないのが開業医の実態です。小児科も都市部を中心に数多くありますし集患ができなければ閉院をする運命にもなります。開業にも膨大な貸金がかかりますので返済も容易ではありません。

小児科の大半は急な熱や風邪などの対応で済みそうですが、中には心臓や小児がんなどの重い病気を抱えている方もそれなりにいます。これらの病気にかかってしまったお子さんは治療を行っても10歳から15歳程度で亡くなってしまう方も多くいます。

お子さんが病気を抱えていると親もストレスになります。医師にもナーバスになってきます。小さいお子さんの死に目に会うという大きなリスクを背負うよりも他の科で専門分野を生かして働いた方が医師としての長期的なメリットにつながるという面も実際にあります。

さらにインフルエンザなどの予防接種などの事故で死亡事故になってしまった、後遺症が出てしまうお子さんも出てきます。そこから家族などとの争いに巻き込まれることもあります。どうしても確率の問題で起こってしまうことなのでどうしようにも防ぐことができません。これらの問題とどうやって向き合っていくかも重要になります。

小児科の医師が恒常的に不足しているという原因はこれらのところにもありそうです。

勤務医の年収との比較

小児科の勤務医の年収の平均はおおよそ1600万円から1800万円程度といえます。他の科よりもやや高めで小児科のニーズの高さを如実に示しています。

ただ20代の方の15%程度が年収600万円以下・50%程度の方が年収1000万円以下と低めになっています。30代になってくると年収1000万円以下の方は全体の6分の1くらいで大半の方は年収1000万円を超えます。

さらに40代になると全体の8割程度の方が年収1400万円以上になります。年収2000万円以上の方も全体の2割程度出てきます。

小児科医は医学部を卒業後に研修医を経験して勤務医になります。勤務医を数年ほど経て開業する方もいますが、長期間勤務医として勤務をし続ける方もいます。

小児科の勤務医は一般に勤続年数に比例して年収が上がっていきそうな感じがします。

小児科の地域別の勤務医の年収

小児科の勤務医でもっとも高い年収を稼いでいる地域は北海道・東北地方となっています。ほぼ全員が1000万円以上・6割程度の方が1500万円以上・2000万円以上の方も3分の1ほどいます。2000万円以上という高収入層の方が圧倒的に多いのもこの地域の特徴となっています。やはり北日本は全体的に医師不足の顕著な地域となっていますので年収の高めの傾向になっています。この流れは今後もさらに続いていくものと思われます。

次に関西地方と中国・四国地方が続いています。この地域は年収2000万円以上の層もほとんどいない代わりに年収1000万円以下の方もほとんどいません。平均的に高い年収の方がいます。関西地方では4名に3名・中国・四国地方では5名に3名が年収1400万円以上となっていますので安定した収入を稼ぐことができそうです。

関東地方では年収800万円クラスの方が数%程度いそうですが極端に年収の低い方はいない感じがします。中部地方は600万円以下の方が2割弱・1000万円以下の方が3名に1名程度いそうです。ただ半数程度の方が年収1500万円以上を稼いでいますので年収格差がありそうです。九州地方はほぼ半数の方が年収1000万円以下と断トツで年収が低くなっています。

この状況を見る感じでは、九州地区全体でみていくと小児科医が足りているのかもしれませんが、日本全国で見ていくと小児科医はまだまだ足りていない。特に北日本や中国・四国地方の人口過疎地域の進んでいる地域ほど医師が不足しているのかなという実態が見えてきています。

小児科の都道府県別の開業医の年収

都道府県別の開業医の年収自体のデータがないので現在調査中です。

ただ医師全体の年収で見ると岩手や宮城などの東北地方が高く、富山や福井などの北陸地方で低めになっています。医師の需要度の高い地域や医師の平均年齢が高くなっている地域の年収が高くなっているのかなという感じがします。

サラリーマンや自営業者などの年収の高い東京・大阪・神奈川・愛知なども決して高い方ではありません。一般人が稼げる地域=医師が稼げる地域という構図は基本的に当てはまりません。

開業には少なくても6000万円程度はかかりそう


開業医として病院の勤務医から医院を開業するとなると少なく見積もっても5000万円程度はかかりそうです。また自宅で開業するとなると1億円前後の開業資金を覚悟する必要がありそうです。

開業するとなると土地や建物などの箱物が必要になります。また検査器具や診察用具などの医療用具一式もそろえなければなりません。

さらにお子さんが遊べるキッズルームやお母さん同士がくつろげる場所などを確保する必要もあります。部屋数が多くなりそうですので資金もかかりそうです。

そこに看護師や検査データから様々な病気の情報提供をする検査技師などの専門家も必要になります。それでも手が足りずに奥さんや姉妹などに受付や会計などの事務を手伝ってもらう必要が出てくるかもしれません。備品だけでなく人的な面での整備をする必要も出てきますのでコスト面もしっかりと考えておく必要があります。

そして開業コンサルタントなどに開業以来を頼むとさらに500万円から1000万円程度の資金がかかります。いくらお金があっても足りないかなと思われます。

開業医になると経営者になります。最初は銀行からの借り入れも必要になります。ある程度医院が稼げるようになってもスタッフの給料と借り入れの返済で、開業医自身の報酬がほとんど手元に残らない可能性も高くなります。

勤務医時代と変わらず忙しいにもかかわらず、年収は勤務医時代の数分の1程度もしくはそれ以下になってしまう方も多くいるのではないかと思われます。

実際に都市部の開業医は、開業後2年から数年で医院をたたんでもう一度勤務医に戻ってしまう方も多くいます。

開業をするにはかなりの決心と覚悟が必要になります。

どれだけ細かな気遣いができるか?

小児科医になると集団生活で起こる風邪やインフルエンザ・ノロウイルスなどの感染症対策だけでなく、小児がんなどの生死にかかわる病気の発見など大きな役割を担っています。

ただ小児科医に求められていることはこれだけではありません。大人になって熱など病気がちにならないような体作りなどのアドバイスを行うことも大事な仕事です。

さらに最近注目されるようになってきている幼児虐待や発達障害などのお子さんの見極めなどを行うことも重要になります。長期的に見るとお子さんの命を救うこともできますので重要な役割になります。

お子さんの細かいことにどれだけ気付くことができるかというのも重要になってきそうです。こうしてみると小児科の医師は男性よりもむしろ女性に適した仕事なのかなという気がします。

現に小児科の医師の女性の割合が全体の3割程度はいそうですので、やはり小児科にとっての女性医師というのは重要な役割を果たしています。もっと女性医師の割合が高くてもいいかなと考えています。

ご相談・お問い合わせ

お問い合わせはこちらから

                       

こちらの記事を読んだあなたへのオススメ