はじめに

美容皮膚科の開業医の年収はだいたい3600万円程度ではないかと思われます。美容整形外科の年収の平均が4000万円超・一般の皮膚科の年収の平均が2600万円超となっています。美容皮膚科だとどちらかというと美容整形外科に診療の内容が近くなるということで美容整形外科の年収に近いのではないかと考えています。

美容皮膚科は保険診療・自由診療の両方の診療を行います。皮膚の治療を目的としたものは保険診療・皮膚の美容を目的にしたものは自由診療という扱いになります。

また、美容皮膚科の多くは東京・横浜などの大都市を中心に比較的大きな都市にあります。地方都市は基本的に美容というよりも治療を目的とした皮膚科で間に合いますので都市部に多くなる傾向が出てきます。

美容皮膚科ということを考えるとどちらかといえば若い女性や中堅世代の女性が美容目的で来ることが多いです。就職したい・彼氏がほしい・みんなにキレイに見られたいという気持ちを持っている方は少なからずいます。そのような方のニーズを叶えようというところからも自由診療で高額な費用を取る院も多いのではないかと思われます。

ただ美容皮膚科・美容整形外科などの美容系はどちらかといえば医師業界で見れば異端と言われています。医学部を出て医者になって美容に行くの?と揶揄されることもあるでしょう。そのような外野の文句を一蹴して稼ぐことに集中するという強い気持ちを持つことができれば開業医としても成功できる可能性が高くなるのかなと思われます。

勤務医の年収との比較

美容皮膚科の勤務の年収も美容整形外科ほどではないにしてもかなり高くなっています。医師3年目くらいで研修医を卒業したばかりの医師でも1200万円程度をもらっている方もざらにいるようです。さらに経験を積んで30台前半から半ばくらいの医師で2000万円程度を稼いでいる方はざらにいます。美容皮膚科の魅力は美容整形外科までは行かなくてもやはり年収の高さかなといえます。

自由診療を扱えるというところと収入の上では業界の縛りが少ない美容皮膚科はとても大きな魅力といえます。勤務医でもかなりの年収が期待できます。

施設ごとの皮膚科の勤務医の年収

施設ごとの美容皮膚科の勤務医の年収は大病院・一般病院・クリニックなどで異なっています。大病院が最も収入が低くクリニックが次で一般病院が最も年収が高くなっています。

また、美容皮膚科は都市部に多くありますので全体的な年収も高めになります。医師の年収は地方が高く都市部が低くなる傾向があるのですが、美容皮膚科や美容整形外科は病院というよりも営利を追求する企業というイメージで考えています。そうなると都市部の方が年収が高くなるのも頷けるかなという気がします。

美容皮膚科の場合は地位を考えるなら大規模な病院でもいいのですが、どちらかといえば年収を重視している方が多いのではないかと思われます。そうなるとあまり規模の大きくない病院を狙うのもありかもしれません。

美容皮膚科の都道府県別の開業医の年収

美容皮膚科の都道府県ごとの開業医の年収自体のデータがないので現在調査中です。

ただ、医師全体の年収で見ると岩手や宮城などの東北地方が高く、富山や福井などの北陸地方で低めになっています。医師の需要度の高い地域や医師の平均年齢が高くなっている地域の年収が高くなっているのかなという感じがします。

サラリーマンや自営業者などの年収の高い東京・大阪・神奈川・愛知なども決して高い方ではありません。一般人が稼げる地域=医師が稼げる地域という構図は基本的に当てはまりません。

開業には少なくても7000万円程度はかかりそう

開業医として病院の勤務医から医院を開業するとなると少なく見積っても7000万円程度はかかりそうです。普通で1億円以上の開業資金が必要になりそうです。

美容皮膚科も美容整形外科同様に自由診療が可能ですので悩みを抱える患者さんとの出会いが多くあればそれなりに稼ぐこともできます。ただそこに行くにはかなりのリスクを覚悟する必要があります。

美容皮膚科を開業するとなると土地や建物などの箱物が必要になります。そこに加えてレーザー治療器などの高価な器具一式もそろえなければなりません。

さらに、看護師やレントゲン技師などの専門家も必要になります。それでも手が下りずに奥さんや姉妹などに受付や会計などの事務を手伝ってもらう必要が出てくるかもしれません。

そして、自由診療の美容皮膚科は、高額の治療になるため、満足度を上げるため、内装・外装にも費用をかけるべきです。

開業医になると経営者になります。最初は銀行からの借り入れも必要になります。ある程度医院が稼げるようになってもスタッフの給料と借り入れの返済で、開業医自身の報酬がほとんど手元に残らない可能性も高くなります。

勤務医時代と変わらず忙しいにもかかわらず、年収は勤務医時代の数分の1になってしまう方も多くいるのではないかと思われます。

実際に都市部の開業医は、開業後2年から数年で医院をたたんでもう一度勤務医に戻ってしまう方も多くいます。

開業をするにはかなりの決心と覚悟が必要になります。

病院も患者もビジネスという感覚が必要

美容皮膚科の医師の仕事は脱毛・美白・アンチエイジングなどの皮膚の表面的な手術やカウンセリングを行います。また痩身などのやせたいという女性の方の要望にも応えていきます。

たしかに、美容皮膚科の手術が成功をすれば他人からの見栄えが良く見えるということは間違いありません。ただ手術はそれなりに成功しても肌が突っ張る・たるむなどの悩みで健康面にもリスクが伴います。

美容皮膚科の施術は医師の方にとっても患者さんにかなりのリスクがあります。お客様の多い院であれば慎重に慎重を期するくらい医師・客を選ぶというくらいの気持ちでいいのではないかと思われます。

逆に、美容関係に携わる医師としてはこのようなトラブルにあまり巻き込まれないようにすることが最善です。訴訟などで賠償などを逃れたとしても、患者さんにこのような印象を多く植え付けられてしまう事はあまりいいことではありません。精神的にも大きなダメージを受けてしまいます。

このようなことにならないためにも、手術前の丁寧な説明・手抜きをしない手術・術後のフォローなどをしっかりと行って患者さんにリスクと不安を極力小さくするという努力は当然必要になってくるでしょう。

美容皮膚科の開業医・勤務医はたしかに大きく稼ぐことができるという点では魅力があります。医師で稼ぐということを第一の目的にしているのであれば、この美容整形外科・美容皮膚科を狙うという選択は合っているのではないかと考えています。ただこのようなリスクも覚悟したうえで仕事をしていただきたいと考えています。

また、美容皮膚科は手術の腕はもちろんのことやはり集患ができるかがポイントになります。女性の口コミなども大事になってきます。ここから信用を生んで多くの流れを作ることができます。

医師・開業医として当たり前のことそして基本的なことをしっかりとできるか。このあたりが美容皮膚科の開業医として成功できるかのポイントになってきそうです。

ご相談・お問い合わせ

お問い合わせはこちらから

                       

こちらの記事を読んだあなたへのオススメ