リュウマチ科開業年収

はじめに

リウマチ科の開業医の年収は2200万円程度ではないかと思われます。開業医の平均年収がだいたい2400万円から2500万円となっています。それよりもやや低い年収になるのかなと予測しました。医師全体にいえることですが年収は都市部よりも地方の方が高くなります。地方は病院の数が少なく病院にかかる確立の高い高齢者の方が多くなるのでこのような傾向になるのは当然といえば当然かなといえます。

リウマチ科は関節・筋肉・骨など、運動を司る部位に痛みを引き起こす病気全般を治療する科となっています。主な疾患としてはベーチェット病・全身性エリテマトーデス・全身性硬化症・川崎病・骨粗鬆症・多発性筋炎・関節リウマチ・変形性関節炎・痛風などを扱っています。薬で様子を経過観察していくのが基本になります。内科のような致死率の高い科ではありませんが緩やかに死に至ることもある疾患もあります。

勤務医の年収との比較

リウマチ科の勤務医の平均年収はだいたい1500万円程度と言われています。

リウマチ科は年収の高い方と低めの方の差があまり出ない科なのではないかと思われます。主な治療方法が投薬や注射などとなっていますので技術的な差があまり出ません。あとはリハビリなども行いますが診察が中心になりますので年収の差はあまりでないのではないかと思われます。

リウマチ科のの場合は医学部を卒業後に研修医を2年ほど経験して勤務医になります。そこから大病院などで長期間勤務医を続ける方も多くいます。また膠原病やリウマチを専門とするクリニックなどを開業する方もいます。現に私の父は高齢で膠原病なのですが地元で有名な名医のクリニックに2・3年ほど通院をしています。膠原病になったことで最近は少し年を取った感じはしますがそれでも年齢の割には元気な方です。

リウマチ科の地域別の勤務医の年収

年収は地方でやや高めで一方首都圏などの都市部でやや低めになっています。地方は高齢の医師が多くなっているので年収が高くなるところもあります。また医師の数が少なく必然的に年収が高くなることは予想できます。半面関東や関西などの都市部では若い医師も多く医師の数も多いので平均的な年収は低くのではないかと思われます。

ただ全国的に考えても地域的な年収差は小さくなっています。投薬などの診察が多くなる科といえますので地域ごとの年収差が小さくなります。年齢を経れば年収は上がりますが年収は緩やかに上昇していく方が多いのかなという気がします。

リウマチ科の都道府県別の開業医の年収

都道府県別の開業医の年収自体のデータがないので現在調査中です。そもそも脳神経外科の全国単位の開業医の詳細な年収データも見つかっていません。

ただ医師全体の年収で見ると岩手や宮城などの東北地方が高く、富山や福井などの北陸地方で低めになっています。医師の需要度の高い地域や医師の平均年齢が高くなっている地域の年収が高くなっているのかなという感じがします。

サラリーマンや自営業者などの年収の高い東京・大阪・神奈川・愛知なども決して高い方ではありません。一般人が稼げる地域=医師が稼げる地域という構図は基本的に当てはまりません。

ただ皮膚科の場合は他の科と異なって、東北地方の年収が低めで関東地方の年収は高めになっています。

開業には6000万円程度はかかりそう

リュウマチ科開業医年収

開業医として病院の勤務医から医院を開業するとなると少なく見積もっても6000万円程度はかかりそうです。また自宅で開業するとなると1億円を超えるであろう開業資金を覚悟する必要がありそうです。

リウマチ科の場合もやはり開業へのハードルがかなり高くなります。専門の科で開業をしているところをあまり見かけません。

ただ開業してニーズがあるかどうかなどの綿密な実地調査も必要になりそうです。人口密集地の都市部がいいのか・競合はあまり多くないと思われますので避けられると思うのですがそれがいいのか。またあまり人口のいない競合の少ないところがいいのか。そこで集患ができて採算が取れるのかなどの目算を立てる必要があります。

業のハードルの高さにはまず検査器具が必要になります。聴診器・レントゲン・けん引器・筋力測定器・骨密度測定器具・リハビリ室などの器具や設備が必要になります。これだけでも千万単位の資金が必要になります。

そこに医師をサポートする有能な看護師などの専門家も必要になります。リウマチ科の場合は緊急の患者さんは多くありませんが看護師などのサポートは絶対に必要になります。医師1人の力ではできることは限られます。それでも手が下りずに奥さんや姉妹などに受付や会計などの事務を手伝ってもらう必要が出てくるかもしれません。備品だけでなく人的な面での整備をする必要も出てきますのでコスト面もしっかりと考えておく必要があります。

開業医になると経営者になります。最初は銀行からの借り入れも必要になります。ある程度医院が稼げるようになってもスタッフの給料と借り入れの返済で、開業医自身の報酬がほとんど手元に残らない可能性も高くなります。

勤務医時代と変わらず忙しいにもかかわらず、年収は勤務医時代の数分の1程度もしくはそれ以下になってしまう方も多くいるのではないかと思われます。

実際に都市部の開業医は、開業後2年から数年で医院をたたんでもう一度勤務医に戻ってしまう方も多くいます。

適切な診察と患者へのケアが大事

リウマチ科になりますとリウマチや膠原病などの長期的な痛みや苦しみに悩んでいる方が多くなっています。リウマチ科は投薬と診察が中心になりますので手術などの技術的な腕よりも患者さんに対するケアが重要になります。

膠原病などは一気に致死することはありません。ただ今の医療を持ってしても症状がゆっくりと進行してしまい死に向かっていく病気も実際ながらあります。そのような患者さんに適切なフォローができるかなども大事になります。これは医師だけでなく看護師さんなどのスタッフにもいえることかもしれません。

リウマチ科だと周りの競合の病院や専門のクリニックからいかに集患ができるかが開業の成否につながります。このような小さな心がけを続けていくことで地域的な口コミが広がって患者さんが増えていきます。特に地方で開業するほどこのウエイトが高くなるのかなと考えられます。

都市部だとショッピングモールの一室をレンタルして開業する方もいるようです。ただ契約期間も長いところが多く縛りが強いところも多いようです。この点のメリット・デメリットを考えた上で契約をすることも大事になってくるのかなと思われます。

ご相談・お問い合わせ

お問い合わせはこちらから

                       

こちらの記事を読んだあなたへのオススメ